ネイルスクールを活用して検定試験対策をする


ネイル技能検定に合格すれば、ネイルの仕事をする時に非常に有利になります。
ネイル検定試験は1級、2級、3級の3つの種類があります。
このうちの1級と2級は、下の級に合格してないと受けることはできません。
ですから、2級を受けるためにはまず3級に合格する必要があります。
3級の試験は義務教育を修了した人だったら、どんな人でも受験することができます。
3級を受験する時もこの仕事の経験が浅かったり、知識が少なかったら、ネイルスクールに行った方が良いでしょう。
スクールを卒業した多くの人が試験を受けているので、スクールには試験に合格するためのノウハウが蓄積されています。
それを知ることは試験対策として有効です。
3級の場合は、3ヶ月程度スクールに通えば、試験に合格できる知識を身に付けることができます。
スクールに通う時間としては12時間程度でそれほど長いものではありません。
学科の勉強のほかに、ケアやフラットアートなどがあります。
2級や1級の合格を目指すネイルスクールもあります。
この2つの場合は、学校の通う期間が長くなります。
例えば、1級だったら、受講の期間は6ヶ月程度になり、学校に通う時間は50時間程度になります。
学費も20万円程度と高額です。
上の級を目指す場合は、スクールをよく選んで、自分に合ったところに通う必要があります。
働きながら通う場合は負担が大きくなるので、無理のないカリキュラムになっているネイルスクールを選んだ方が、余裕を持って勉強ができます。
短期間で集中して学ぶこともできますが、その場合は仕事を一時的にやめた方がうまくいきます。
ネイルの仕事は気を使うものです。
お客様に直接向き合って仕事をするので、大きなミスは許されません。
仕事と検定試験の勉強の両立は難しいので、短期間で集中して勉強するのはできるだけ避けましょう。
スクールに行く前にまず体験授業を受けてみましょう。
どのスクールも安い授業料で体験授業をしています。
その時にスクールの雰囲気や講師の教え方をチェックしましょう。
特に講師の教え方には注目した方が良いでしょう。
分かりやすくて、丁寧な教え方をする先生がいるスクールだったら、検定の対策もうまくいきます。
積極的に質問して、講師がどのようにそれに答えるか注意すれば、講師の質を詳しく知ることができます。
ネイルスクールでは、学科の勉強と実技の勉強の両方があります。
これは筆記と実技がある試験に対応しているためです。
筆記試験ではネイルケアに関する知識が問われます。
上の級になると、アートに関する知識やレベルの高いネイリストとして仕事をするための知識を問う問題が出題されます。
筆記の問題は大切なことをきちんと覚えておけば、合格できます。
そのためにはスクールの授業に集中することが大切です。
講師の話をよく聞いて、大切だと思うところはきちんとノートにまとめましょう。
講師の先生もポイントは教えてくれます。
試験に出そうなところは授業中に念入りに説明するので、それを聞き逃してはいけません。
学校で教わったことは復習する必要があります。
学校でよく分かったと思っても、時間がたてば忘れてしまいます。
ネイルケアやアートのことで重要な項目は家で必ず復習するようにしましょう。
長い時間をかける必要はありません。
自分のノートを10分から15分程度見直すだけで良いのです。
復習は1回ではなく、何回もしましょう。
スクールの授業があった日に復習して、それから1週間程度時間を置いて、もう一度復習します。
復習をすることで、ネイルに関する知識をしっかりと身に付けられるようになります。
実技の試験対策としては、できるだけネイルの実践の経験を授業中にすることが大切になります。
講師の指導を受けながら、ネイルのさまざまなスキルを授業中に学んでおけば、本番の試験で良い結果を出すことができます。
そのためには、生徒の数が少ないスクールを選ぶのが良い方法です。
生徒の数が少なかったら、講師が生徒の実際の技術を授業中にチェックすることが可能です。
なかなか身に付けられない技術があったら、その場で教えなければなりません。
少数のクラスだったら、講師の直接の指導が可能になりますが、生徒の多いクラスだったら、直接教えることは難しい場合があります。
学校によっては、無料のカウンセリングを行っているところがあります。
このカウンセリングは、授業や検定についていろいろな相談ができます。
例えば、勉強の仕方が分からなかったり、自信のないときはカウンセラーに相談できます。
また授業の内容が分からない時は、もう1回教えてもらえます。
カウンセラーだけでなく、講師も参加するカウンセリングなのです。
このようなカウンセリングがあるところだったら、勉強を続けやすいですし、検定対策も万全になります。
授業の内容が一番大切ですが、サポートの体制も調べてから、入学を決めましょう。

コメントを残す