自宅サロンを目標とする人のネイルスクール選び


最近では、自分自身でネイルをする人が増えており、その影響で「好きなネイルを仕事に活かしたい」、ネイリストとして技術を習得し、自宅でネイルサロンを開業したいという人が、とても増えています。
特に、ネイルサロンは大規模な設備が必要ありませんので、初期経費が他の業種と比較すると安価ですから、自宅で簡単に開業できます。
つまり、小さな子供や介護が必要な人が居ても続けることが可能ですから、主婦を中心に希望者が増えているのです、そのためには、どのような資格を取得し、どのようなことを準備すべきか、わからない人も少なくありません。
そこで、自宅サロンを開業する方法について紹介します。
まず、自宅サロンを開業する場合、ネイルストにならなければなりません。
ネイリストになるには、一定の水準を超えた技術や知識が必要となりますし、さらに開業ともなれば、安全面や衛生面のほかにサロン経営といった、サロンを運営するための知識が必要となります。
もちろん、しっかりとした技術を習得すれば、副業レベルではなく、本業として自宅サロンを開業することが可能ですから、とてもやりがいのある仕事であることは間違いありません。
ネイリストは現在のところ、国家資格ではありませんので、自宅でネイルサロンを開業するための資格は必要ありません。
しかしながら、プロとして仕事をしていく以上、技術検定は当然のこととして、安全衛生の面でもしっかりと資格を取得しておくべきです。
実際に自分がユーザーとなった場合、無資格のサロンに行くことに抵抗があると思います。
逆に、どのようなサロンに行きたいかと考えると、技術がしっかりとしていて、清潔なサロンに行きたいと思います。
お客さまからの信用を得るためにも、ネイリスト検定1級とジェルネイル検定上級は取得しておきたいところですし、ネイルサロン衛生士も取得しておくと、客観的に技術や衛生面を評価されたことになりますから、お客さまからの信頼もさらに深まります。
そこで、これらの資格を取得することが、最初の目標になるのですが、独学で資格を取得するのは非常に困難ですから、まずはネイルスクールに入学して勉強するのが、一番の近道になります。
ネイルスクールと一口に言っても実に様々なコースがありますので、スクール選びはとても大切になります。
単純にネイリストを目指すなら、現時点の自分のレベルに合わせて、いわゆる技能検定に特化したスクールで構いませんが、自宅サロンを開業するのであれば、技能検定に加え、ネイルサロン衛生管理士の資格が取得できるスクールがより開業には適しています。
しかしながら、ここで間違ってはいけないのが、単に技能検定とネイルサロン衛生士のコースを別々に学べばよいというものではありません。
あくまでも、サロンを開業することが目的ですから、前途の資格に加え、開業のノウハウやネイルサロン経営についても教えてくれるネイルスクールを選ぶことがとても大切になるのです。
最近では、こうした自宅サロンを開業することを目的とした人のためのコースも増えていますから、各スクールの特徴を考慮し、自分に一番適したスクールを選ぶと良いでしょう。
さて、ネイルスクールに入学する際に気になるのが、学費と受講期間です。
自宅サロンを開業することを目的としたコースの場合、概ね受講期間は半年~1年間であり、学費は約20万円~50万円が相場です。
こういった金額や期間の差は、取得できる資格の種類や、受講回数によって異なりますので、自分の経験やどういった資格を取得したいのかを明確にしておくことが大切です。
例えば、ネイルサロンに勤務した経験があり、ある程度技術があれば、受講期間は短くても取得は可能だと思いますが、全くの未経験者であれば、例え周りから上手いと言われていたとしても、じっくりと基礎から学ぶことが大切です。
また、意外に軽視しがちなのが、ネイルサロンの開業や開業後の経営に関する講座ですが、実はとても重要なポイントです。
自宅であれ、テナントを借りるのであれ、起業することには変わりませんから、ネイリストの技術は当然のこととして、経営者のノウハウもしっかりと学ぶことが大切です。
自宅でネイルサロンを開業することを目的とした場合、多くの人が開業することが目的になってしまい、開業後の展望が明確でありません。
しかしながら、開業することより、開業後人気サロンにすることの方が数倍難しいことです。
開業後に失敗しないためにも、開業後の具体的なビジョンも目標として明確にしておくべきです。
そして、何より自分はプロになるんだという意識が大切です。
開業すれば、お客さまからお金をいただくわけですから、高い技術はもちろん、接客業としてのノウハウもしっかりと備わっていなければなりませんし、費用対効果を考えたサロン経営も行っていかなければなりません。
経営者になるんだ、という心構えがあれば、ネイルスクールに対する取り組み方も変わり、卒業する際には大きな財産となり、目標も達成できるでしょう。

コメントを残す